企業情報詳細

株式会社若廣

ワカヒロ

最終更新日2017/12/12

いつもそばに、もっと鯖に

  • いつもそばに、もっと鯖に。

    若狭小浜の郷土料理「焼き鯖」を、まったく新しい発想で棒すしに―。いまやその「焼き鯖すし」は、広く知られ愛される商品となりました。この美味しさを日本中へ、そして海の向こうまでへもお届けしたい。もっともっと皆様に愛される身近な料理に。そのために私たちは今まで以上に「焼き鯖すし」と向き合い、ともに歩み続けます。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 5
    合計 40

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

『3つの価値観」をぶらさず未来へ挑戦していく
若廣は創業以来、地域の特色ある郷土食や伝統食に寄り添った“すし”に特化した食づくりに取り組んできました。その中で3つの価値観
1:既存商品の品質を常に最適化させていく。
2:「バリューチェーン(価値連鎖)」のさらなる強化。
3:未来への挑戦~新たな『食の味覚』を創造する~。
をぶらさず対応していくことこそが、私たちの使命であると考えています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    食を知り、食を創り、食を廣める

    文化を受け継ぐということは常に創造が必要です。伝統の「心」を知り、新たな「価値」を創造し、それを廣め、そして次の世代へつないでいくことが私たちの使命です。

  • 会社の自慢

    発祥の味「焼き鯖すし」

    その昔、福井は神に供え天皇に捧げる 食べ物を供給する「御食国(みけつくに)」と呼ばれ、その若狭モノのひとつが鯖でした。これが、若狭から京に続く若狭鯖街道が“鯖街道”と呼ばれる所以です。丸ごと浜焼きされた「焼き鯖」も、長年地元で愛された郷土料理。「冷めてもおいしい焼き魚」……これはお寿司にも適しているのでは? 若廣はその独自のアイデアで「焼き鯖」を押し寿司に仕立てた「焼き鯖すし」の生みの親です。

  • 会社の特色

    おいしさを追求する

    若廣には、原料の選定から製法、お客様にお召し上がりいただくその瞬間まで、愚直なまでの徹底したこだわりがあります。
    いきすぎた機械化による効率よりも、一部の工程に敢えて職人の手作業を取り入れているのも、若廣のおいしさへのこだわりの一つです

  • 会社の社会貢献

    経営姿勢

    ・顧客が満足する価値を創造する
    ・個の発想を尊重し自己実現の場としての企業を目指す
    ・食を通じて地域社会の持続可能性に貢献する
    社員一人ひとりが生き甲斐を感じ、嬉嬉として働けるような企業文化の形成を推進します。社員の高い満足度が顧客価値へとつながり、その価値連鎖がさらに強まり、大きな輪と成っていくことが地域・社会との共生につながると考えています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社若廣
(カブシキガイシャワカヒロ)
業種 食品
事業内容 すし、弁当類の製造・販売
設立 2002年07月02日
創業 2001年08月
資本金 600万円
従業員数 98名 (女:61名、男:37名)
代表者 代表取締役社長  山之内 康雄(ヤマノウチ ヤスオ)
本社所在地 〒917-0081
福井県小浜市川崎1-3-5 
本社電話番号
本社FAX番号 0770-53-3776
事業所所在地 下京区、京都府外(福井県、東京都)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
その他