企業情報詳細

瀬川織物 株式会社

セガワオリモノ

最終更新日2016/02/05

古代の伝統製織技法「経錦織」を今に伝える

  • 西陣で一番歴史ある製織で知られる「経錦織」(たてにしきおり)の裂地を製造し、小物の自社製造も行ないます。全国的にも数の少ない貴重な職種であり、織りの組織では伝統的工芸品の称号も取得しています。織技術の発達につれて、また製造リスクの高さから、この製織法の製造元も段々と減り、今や数える程となりました。当社は伝統技術に新たな息吹を込め、現代生活に適した製品開発で後世に伝えていきたいと考えております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い
    福利厚生が充実
    教育・研修制度が充実
    給与水準・待遇
    世に誇れる製品・サービス・技術
    休日が多い
    合計

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    西陣の伝統的工芸品の一つ「経錦織」の基本組織はそのままに保ち、より現代的な配色で再現いたしました。数少ない「経織」の織元として、日々新しい配色に挑戦しつつ、小物やバッグの製作も行なっております。現代の生活スタイルに生きづく製品の数々をお楽しみ頂けます。

  • 会社の自慢

    「経錦織」の歴史は古く、古代飛鳥・奈良時代に多く織られました。現在主流の緯糸(横糸)で紋様を織る方式と異なり、経糸だけで地色と模様の部分を三重に組織して織りなす珍しい製織法です。配色構成が大変難しく、1ロット(約160m)を織りきるまでミスは許されません。経験とノウハウで現状25色、色柄合わせて約700種類の裂地を保有する当社は、「織元で裂地や小物を選んで買える」という西陣でも数少ない織元です。

  • 会社の社会貢献

    織の街「西陣」のブランドに奢らず、「時代に合致した確かな製品を、お求めやすい価格で」をモットーに据えています。今や数少なくなった製織技法「経錦織」の認知度回復、そして伝統技術の継承に努めるべく、日々の改良と修練に励んで参ります。

  • 会社の理念

    「先人が織ってきた『ホンモノ』」…工芸品を手の届く適正価格で。
    「不可能を可能に」…型破りな配色ラインナップを提供。
    帯、和装バッグから洋服での普段使いの小物まで幅広い商品展開。
    攻めと守りの両面から、伝統技術をクリエイトする会社でありたいと考えております。

会社概要

詳細を見る

法人名 瀬川織物 株式会社
(セガワオリモノ カブシキガイシャ)
業種 伝統、織物、工芸、卸売、小売
事業内容 西陣経錦織正絹裂製造、卸、小売
その他裂地をあしらった小物、バッグ等の卸・販売
創業 1898年(明治31年)02月
資本金 1000万円
従業員数 4名 (女:2名、男:2名)
代表者 瀬川 誠(セガワ マコト)
本社所在地 〒602-8417
京都府京都市上京区芦山寺通大宮西入東社町311 
本社電話番号
本社FAX番号 075-441-8028
事業所所在地 上京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定