企業情報詳細

旅館東籬

リョカントウリ

最終更新日2017/08/08

京の、今日の暮らしを愉しめる そんなお宿

  • 京都市の中心部を南北に貫く千本通りを少し入っただけで、別世界のような静謐な空間が広がります。
    東籬は、築百三十年の町家をリノベーションした旅館です。
    京都の普段の暮らしを感じることができる西陣で、今なお時間を紡ぎ続ける建物、作り込まれた本格茶室と露地、お香のかおりや通り庭を抜ける風が、訪れる人の心を解きほぐします。オープンしてまだ数年ですが、リピーターも増えています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 10
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 7
    合計 48

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

望月 佐多子

長年の海外生活を経て、生まれ故郷の京都へ戻り、始めた旅館です。築130年の町家をリノベーションし、古い建物ながらも新しい設備が整っています。設立間もない会社で、オーナー含め、明るく元気なスタッフがそろっています。海外からのお客様も多く、英語・中国語をはじめ外国語のトレーニングにもなりますよ。京都らしい町家旅館で、グローバルな仕事をいっしょにしませんか。

アピールポイント

  • 会社の強み

    客室4部屋、茶室と多目的室を含めて6部屋のみの、規模の小さい旅館です。宿泊のお客様にとっても、働くスタッフにとっても、アットホームな雰囲気です。オープンして間もないので、人間関係のしがらみなどもありません。興味があれば、茶道や華道のお稽古も一緒にしていただけます。外国語に触れる機会も多いです。

  • 会社の自慢

    当館の玄関先に置かれている「車石」は、かつて大津街道をお米を運ぶ牛車が通った石畳の一部で、車輪の跡が歴史を感じさせます。建物中央の七寸の大黒柱は、130年経った今もまっすぐに建物を支えてくれています。現代では失われつつある古いモノたちが、当館にはまだ現役で活躍しています。古いモノをリスペクトする私たちの姿勢は、たくさんの方に応援していただいています。

  • 会社の理念

    「東籬」という名前は、中国の詩人・陶淵明の詩から取ったもので「東の垣根」を意味します。垣根の向こうがどんなに賑やかでも、一歩家に入れば、落ち着ける場所でありたいという願いを込めて命名しました。
    また、社名の「友月交風」は、月を友とし、風と交わる。つまり、自然と親しみ、自然と一体になりながら暮らすことを意味します。
    これらの言葉を大切にしながら、理想の旅館をつくりあげていきます。

会社概要

詳細を見る

法人名 友月交風株式会社
(ユウゲツコウフウカブシキガイシャ)
業種 観光、宿泊、旅行、ホテル
事業内容 町家旅館の経営
設立 2015年11月13日
資本金 300万円
従業員数 5名
代表者 望月 佐多子(モチヅキ サタコ)
本社所在地 〒602-8453
京都府京都市上京区笹屋町通千本通東入笹屋町三丁目639番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-205-3492
事業所所在地 上京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報