企業情報詳細

有限会社アイ工房

アイコウボウ

最終更新日2019/08/19

伝統と先端、新旧技術のコラボレーションを具現化する

  • 昔あんどんと言えば油と火で使う照明器具でした。それが発熱電球の登場により、光源が変わりました。そして現在ではまた光源が変わり、LEDに。LEDは照射角が11度と非常に狭く、照明向きではありません。特にあんどんは360度照らすものなので、LEDは不向きです。それを可能にしたのが当社です。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
京都の伝統工芸に新たな技術「灯り」で提案しています、今は零細で発展途上ですが過去に半導体事業の時に行いました経験を生かした会社運営を目指しています
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 障がい者活躍
  • 外国人活躍
  • 文化活動と両立
  • 学問と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 5
    福利厚生が充実 4
    教育・研修制度が充実 4
    給与水準・待遇 4
    世に誇れる製品・サービス・技術 6
    休日が多い 4
    合計 27

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    実はボールペンよりも小さいものが光源です

    蛍光灯や電球は熱を持ってしまうため、どうしても熱の逃げ道を作るか、外見を大きくしなければいけません。それをLEDにすることによって、外見の厚みを非常に薄くできますし、重さも非常に軽くできます。2Lのペットボトルのサイズで大体携帯電話程度の重さです。従来と比べて約1/5。そして電力。これもかなり抑えることができ、小電力で広範囲を照らすことができます。

  • 会社の自慢

    全国から喜びの声が!

    記念品として「myあんどん」をお求めになる方が増えています。結婚記念日や各種記念日、インテリアや照明器具としてあらゆる使い方ができ、多くのお客様から喜びの声をたくさんいただいております。

  • 会社の社会貢献

    京都の伝統工芸に、「エコと癒し」をテーマにして、新しい技術で製品を提案しています。

  • 会社の理念

    “先義後利”
    私たちの会社は、先に行動があり、私たちが製作した製品が社会のために役立ち、人によろこんでいただけることを慶びとしています。

会社概要

詳細を見る

法人名 有限会社アイ工房
(ユウゲンガイシャアイコウボウ)
業種 伝統、エコ、電気、その他
事業内容 ・デザイン照明LEDあんどん製作
京都の伝統工芸を用いました

・表示板製作
5m/mの導光板とLEDで実現しました
設立 1996年07月01日
創業 1986年04月01日
資本金 500万円
従業員数 2名 (女:1名、男:1名)
売上高 1500万円(2012年度)
代表者 古田 岩美(フルタ イワミ)
本社所在地 〒601-8367
京都府京都市南区吉祥院石原町10-13 
本社電話番号
本社FAX番号 075-662-2872
事業所所在地 南区
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります