企業情報詳細

株式会社亀屋清永

カメヤキヨナガ

最終更新日2017/06/02

温故知新の精神で、次世代を見つめています

  • 創業は、遠く元和3年(1617年)と伝えられ、寺町三条北入に住居し、屋号を亀屋、名を冶兵衛と申し、畏くも禁裏御所御膳所をはじめ諸藩諸侯、寺社仏閣に出入りを差許され、代々、その努力功績に依りまして、和泉大掾の称号を賜りました。その後、明治維新の変革を経て和泉大掾を廃し、亀屋清永と改称致し、広く京菓子司として皆様方の格別のご愛顧を賜りつつ、伝統の継承と共に絶えざる努力を重ねて今日に至って居ります。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 43

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    「清浄歓喜団」

    亀屋清永を代表する商品の一つである「清浄歓喜団」は、京都府の和生菓子特殊銘柄品18品目の一つに指定されています。白檀、龍脳など仏教で言う「清め」の意味がある七種の香を練りこんだ皮に餡を包み、上質の胡麻油で揚げた唐菓子で、他では味わうことのできないものです。八つの結びは八葉の蓮華を表し、形は金袋になぞられており、中身は程よい甘さで、香ばしい香りとかりかりの歯ごたえをお楽しみいただけます。

  • 会社の理念

    お菓子はただ美味しい、美しいと感じるだけでなく、色々な知識、または興味が無いと、お菓子を楽しみながら製造や販売はできません。亀屋清永は代々伝わる伝統の技術、伝統の味、そして品格のあるサービスをとても大事にしています。また、同時に「温故知新」、古きを温めて、新しいものを作っていくことを大切にしています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社亀屋清永
(カブシキガイシャカメヤキヨナガ)
業種 伝統、食品、製菓、小売
事業内容 京菓子製造・販売
創業 元和三年(1617年)
資本金 1000万円
従業員数 31名 (女:14名、男:17名)
売上高 2億7000万円(2010年度)
代表者 代表取締役社長  前川 清昭(マエガワ キヨアキ)
本社所在地 〒605-0074
京都府京都市東山区祇園町南側 
本社電話番号
本社FAX番号 075-541-1034
事業所所在地 東山区
ホームページURL
採用予定