企業情報詳細

協和精工株式会社

キョウワセイコウ

最終更新日2019/07/10

  • 京都ものづくり企業ナビ

様々な加工技術を駆使して社会に貢献

  • 協和精工は、フライス、旋盤の複合加工技術を生かした製品を作っています。常に「お客様のために」という思いを持って、産業社会のあらゆる「困りごと」を解決するために、日々、社員一丸となって精密機械部品製造および組立、鉄・非鉄金属、プラスチック他樹脂全般、各種ゴム、木材、ガラス等の加工に取り組んでいます。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
企業も社員も共に成長し、働きやすくやりがいのある会社になっていきます。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 若年者活躍
  • 外国人活躍
  • 地域活動と両立
  • 文化活動と両立
  • 学問と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 6
    福利厚生が充実 10
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    フライス、旋盤、ワイヤー放電加工、溶接など様々な技術を用いて、部品加工を行い、組み立てスペースを確保し、部品加工~装置組立、調整まで対応できるようにしています。当社の部品は携帯や電子機器、医療機器など種々の生産設備などに使用されています。

  • 会社の自慢

    金属で加工したコマを製作し、コマの大会に参加しています。その大会にて私たちのコマのデザインが優秀賞をもらいました。この大会で勝つために形状や加工の工夫を行っています。また、ボーリング大会など定期的に社内の親睦活動も行っています。

  • 会社の理念

    創業以来「和をもって協力する」という精神のもと、様々な加工技術を駆使して社会に貢献しています。「育とう、育てよう、育ちあおう」の社訓のもと、社員一人ひとりがお互いに成長できる職場を大切にしています。

会社概要

詳細を見る

法人名 協和精工株式会社
(キョウワセイコウカブシキガイシャ)
業種 建築、機械、製造
事業内容 精密機械部品製造および組立
設立 1976年07月02日
創業 1969年04月01日
資本金 3000万円
従業員数 14名 (女:3名、男:11名)
売上高 約1億8000万円(2015年06月期)
代表者 代表取締役  山下 徹也(ヤマシタ テツヤ)
本社所在地 〒612-8496
京都府京都市伏見区久我西出町8-8 
本社電話番号
本社FAX番号 075-924-5302
事業所所在地 伏見区
ホームページURL
採用予定
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります