企業情報詳細

社会福祉法人同胞会 同胞の家

ドウホウカイ ドウホウノイエ

最終更新日2017/04/18

  • 京都インターンシップナビ
  • 「同胞の家」施設正面

  • 伊勢田に新しく開所した「イサク事業所」

目標はユニークでユーモアに満ちた職場作り

  • 本施設は主に知的障がいのある方向けの福祉サービスを展開してきました。障害者自立支援法が施行後は、身体・知的・精神の三障がいへの一元化したサービスを求められることとなったため、新たに精神の専門家を増員し、精神障がい・疾患がある方への福祉サービス事業を新規展開してまいります。精神障がい・疾患のある方がより快適に安定して日中活動を過ごせるよう、また長期的な就労につながるよう支援いたします。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 10
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 6
    合計 47

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

「同胞の家」参与/大森 健三

「同胞の家」は、宇治の施設の中ではやや小規模ではありますが、山椒は小粒でと言うように、ピリッと辛い存在としての施設作りを心がけていきます。また、職員に対しても、障がい者施設が疲弊している今だからこそ「夢を持って」働ける職場づくりを進め、職員一同一丸となって、明日に向かってユニークで、ユーモアに満ちた施設にしていきたいと考えています。
先輩からのメッセージ

「ユーモア」に溢れた人を募集しています。その定義は、「~にもかかわらず微笑んでいられる」というものです。たとえ困難で苦しい状況でも、微笑を絶やさない柔らかな心を持てる人のことを指します。私たちの仕事は、資格は絶対条件ですが、資格以上に柔軟でやわらかい強い心が必要です。障がい者施設は暗いイメージが先行しますが、決してそうではなく、この現場にこそ本当の夢があると胸を張れる職場にしたいと願っています。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    今では珍しくなった「はさがけ」を行っています

    同胞の家からすぐの伊勢田の地に新たに「イサク事業所」という就労を目指している方の支援を行う事業所を開所しました。また事業所内に新たに店舗とCafeを開き、障害のある方の就労経験と、地域に向けての情報発信を行っています。
    また「障害者の永続的な仕事と原資」となるように本格的な農業を行っています。主力生産物はお米、ニンニク、イチゴ、原木しいたけです。

  • 会社の理念

    同胞の家は、キリスト教の精神を基盤に、神の前には利用者も職員も、互いに最も小さい者の一人であり、対等の存在であり、ともに問題解決へ努力する者であることを覚えて運営にあたり、人間の価値はその能力によらないで、存在そのもののなかにあるという人間観を福祉の哲学に、人と人とが人格的に関わり合いつつ、福祉サービスを提供できる場所としたい。

会社概要

詳細を見る

法人名 社会福祉法人同胞会
(シャカイフクシホウジンドウホウカイ)
業種 農林、食品、調理、小売、福祉、生活、こども、保育
事業内容 障がい者の日中支援、短期入所、居宅介護、指定相談支援事業
設立 1976年03月23日
創業 1990年06月01日
資本金 1000万円
従業員数 100名 (女:70名、男:30名)
代表者 理事長  大賀 幸一(オオガ コウイチ)
本社所在地 〒611-0033
京都府宇治市大久保町旦椋72-2 
本社電話番号
事業所所在地 山城
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
その他