企業情報詳細

三谷伸銅株式会社

ミタニシンドウ

最終更新日2017/06/13

  • 「京都で培った技術がそこにあります」

250年のDNA

  • 当社はものづくりの源流である素材メーカーであり、非鉄金属という分野で銅やアルミといった金属を加工して、日常にあふれる様々な製品に使われる材料を供給しています。そんな製品群を支えるのは、250年に渡り培ってきた「匠の技」と、信頼を獲得してきた「技術力」です。銅のように磨けば輝き、打てば伸びるような人材が活躍する三谷伸銅であなたも働いてみませんか。ご応募お待ちしております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 9
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 7
    休日が多い 7
    合計 45

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

「パイオニア精神で未来を切り拓く」

当社は約250年前に京都において創業し、1921年に現社名の三谷伸銅株式会社として設立された有数の歴史をもつ老舗メーカーです。明治時代には、日本初の商業用水力発電所(琵琶湖疏水蹴上発電所)の電力を利用した近代的な工場をいち早く建設しました。私たちは時代にかかわらずものづくりの原点にこだわり、匠の技と生産技術に更に磨きをかけ、付加価値の高い製品づくりに挑戦し続けています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    「効率と安全性を両立する一貫体制」

    中小企業ならではの操業体制で、多品種・小ロット・短納期に対応できる生産体制でお客さまのニーズにお応えします。子会社の新キタミ株式会社では、当社の製品に電気めっきによる表面処理加工を行い、グループ力を活かした一貫生産を心掛けています。親会社が三井金属鉱業株式会社(東証一部)であり、資本的に安定していることも特徴のひとつです。

  • 会社の自慢

    「手がけたものが日常にあふれています」

    創業以来約250年、当社は京都の水と地域社会の人々によって生かされ、育まれてきました。昭和44年の国道1号線「三谷横断歩道橋」の施工は、伸銅工場とアルミ工場の行き来を目的に当社が建設し、国に寄贈して今でも地域の方々に利用されています。更に、1964年には東京オリンピックの記念銀貨の製造や、私たちに身近な貨幣や楽器などの製造も手掛けています。

  • 会社の社会貢献

    「環境志向のものづくりをめざして」

    当社はKESステップ2の認証を取得しています。京都に根付く企業として、ものづくりの原点にこだわり非鉄金属の価値ある商品の創造において、省エネルギー、環境事故未然防止、廃棄物削減および省資源、環境意識啓発など事業活動のあらゆる面で環境保全に配慮して行動しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 三谷伸銅株式会社
(ミタニシンドウカブシキガイシャ)
業種 鉱業、機械、製造、鉄鋼、自動車
事業内容 伸銅品・アルミ品の製造・販売
設立 1921年02月03日
創業 1751年
資本金 4億5000万円
従業員数 165名 (女:16名、男:149名)
売上高 124億円(2015年03月期)
代表者 代表取締役社長  高原 一紀(タカハラ カズノリ)
本社所在地 〒601-8128
京都府京都市南区上鳥羽大柳町1-1 
本社電話番号
本社FAX番号 075-681-5186
事業所所在地 南区、京都府外(東京都・愛知県)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報