企業情報詳細

飛鳥メディカル株式会社

アスカメディカル

最終更新日2017/08/18

  • 京都ものづくり企業ナビ

技術で奉献できること

  • 患者の身体的負担の少ない医療(低侵襲治療、最小侵襲手術)は、いよいよ主流となりつつあります。レーザー医療機器は、そういった、からだにやさしく自在な治療ができるツールとして注目を集め、急速に進んだ技術応用は著しい進歩のもと、医療現場で欠かせない存在として貢献するようになりました。弊社は、そのパイオニアとして、さらに進化する技術を牽引しています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 7
    合計 43

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
弊社は医療用レーザー装置を自ら開発製造することを視野に入れ、2003年に研究開発型ベンチャーとして産声を上げました。日本初のレーザー治療器の開発にも取り組み、2009年には動物用医療機器製造販売業に関する許可を取得しました。レーザー治療器認知度向上に努め、国内の医療機関への販売を拡大するとともに、高い操作性やコストパフォーマンスで、医療機関への導入を可能にし、医療の発展に貢献していきます。
先輩からのメッセージ

弊社では、X線透視システムや超音波診断装置、内視鏡装置といった最新の診断機器を備えたクリーンルームを設置し、また獣医師と連携したラボを開設。医師、獣医師、歯科医師の方々に最新の手術手技をシュミレーションしていただくことができます。また技術研修や講習会の開催など、実践的なサポートを継続するとともに、学会や大学との連携も緊密にとっており、常に最新最先端の情報を提供しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    多くの患者様に福音をもたらすことができる―その強い思いから、弊社は先端医療の一翼を担うスペシャリストとして、レーザー技術を中心とした先端医療機器の研究開発に早くから取り組み、製品の研究開発、製造供給だけでなく、啓蒙普及活動も含めあらゆるサポートを行うリーディングカンパニーとして努力を続けてきました。多くの人や動物の健康に寄与し貢献できるよう、新たな技術開発へと意欲的に取り組んでいきます。

  • 会社の自慢

    弊社では、研究開発型ベンチャーとしてスタートし、先端技術を用いて手術用のレーザー機器まで製造する数少ない専門企業として研究開発に取り組んできました。現場で実践的に役立ち、安心安全で使いやすい機器装置であることを基本に、獣医工連携による新たな医療技術の開発を続けています。高度な先端医療技術研究をリードしている複数の大学医学部・獣医学部・工学部との共同研究開発にも、積極的に取り組んでいます。

  • 会社の特色

    レーザー医療は、今や世界の医療における基礎技術です。市場規模はここ数年で急速に伸びてきており、弊社のレーザー機器は医師との意見交換を繰り返しながら、内視鏡との融合など先駆的に新しい技術開発に取り組んできました。汎用性が高く、常に機能を更新、発展させる潜在能力を保ち、機器装置の陳腐化を防いで、導入後のコストパフォーマンスの高さ、すぐれた生産性を維持しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 飛鳥メディカル株式会社
(アスカメディカルカブシキガイシャ)
業種 製造、卸売、医療機器
事業内容 獣医向け並びに医科向けのレーザー医療機器製造販売
設立 2003年01月27日
創業 2003年01月27日
資本金 2億1098万円
従業員数 24名 (女:4名、男:20名)
売上高 4億5694万円(2014年08月期)
代表者 代表取締役  中村 誠司(ナカムラ セイジ)
本社所在地 〒600-8813
京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 京都高度技術研究所8階
本社電話番号
事業所所在地 下京区、山城、京都府外(東京都、大阪府)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
その他