企業情報詳細

株式会社虎屋

トラヤ

最終更新日2015/11/24

おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く

  • 虎屋は、室町時代後期の京都で創業し、5世紀の永きにわたり和菓子屋を営んでおります。
    明治維新の折、天皇にお供して東京へも出店し、現在では国内に79店舗、フランスに1店舗を構えております。「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」を経営理念に、誠実にひたむきに、菓子づくりに励んでおります。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 10
    給与水準・待遇 9
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 8
    合計 53

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    『御出入商人中所附』(1754年)
    御用開始時期が記載。

    虎屋は後陽成天皇御在位中(1586年-1611年)より御所御用を勤めてまいりました。5世紀の歴史の中でさまざまなお菓子をおつくりし、現在ではその数は約3,000種にのぼります。昭和48年(1973年)には、和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として、菓子資料室 虎屋文庫を創設し、様々な菓子資料を収集し、機関誌を発行するなど和菓子情報を発信しています。

  • 会社の自慢

    小倉羊羹「夜の梅」
    小豆が夜の闇に咲く梅を思わせる。

    虎屋では、北海道の小豆、岐阜・長野の寒天、沖縄の黒砂糖など、最良の原材料を使用し、徹底した衛生管理のもと、最高の菓子づくりに努めています。私どもが追求するのは効率ではなく、おいしい菓子をおつくりし、お喜びいただくことです。そのために、お客様が実際に召しあがる場面を常に思い描きながら、丹精込めて菓子をおつくりしています。

  • 会社の社会貢献

    虎屋京都店

    虎屋には、寛永5年(1628年)に、以前から商売をしていた土地を買い増した証文が残っています。これは、虎屋菓寮 京都一条店がある場所で、江戸時代を通じて虎屋が御所の御用を続けてきた地です。2009年、永い歴史と現代との結び目として新たに「虎屋 京都ギャラリー」を設置し、発祥の地である京都から新たな文化を創造・発信しております。

  • 会社の理念

    私どもの経営理念は「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」というものです。お客様に「おいしかった」「今日は本当に気持ちの良い買い物ができた」と心から満足していただける。さらには「どんな気持ちでつくるとこういう菓子になるのだろう」「つくっているのはどんな会社なのだろう」ということにまで思いを巡らせていただける店でありたい。その思いを実現させるために、様々な努力を続けております。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社虎屋
(カブシキガイシャトラヤ)
業種 伝統、食品、製菓、飲食
事業内容 和菓子製造販売
設立 1947年05月24日
創業 室町時代後期
資本金 2400万円
従業員数 917名 (女:622名、男:295名)
売上高 183億8800万円(2014年度)
代表者 代表取締役社長  黒川 光博(クロカワ ミツヒロ)
本社所在地 〒107-8401
東京都港区赤坂4-9-22 
本社電話番号
事業所所在地 上京区、下京区、南丹、京都府外(東京都、全国各地)
ホームページURL
採用予定
その他